看護学校を卒業してすぐに働いた病院では色々と

看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。

ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、どうしても転職したい、と強く思ったのです。そこではたと困ってしまったことがあります。情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだとつくづく実感したものでした。
日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。

しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給料UP率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。準看護師だと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。

病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。

変則的な出勤があったり、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。

あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、大抵の場合はちゃんと土日休みになっているはずです。看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。ここで気を付けたいことは、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して収入が少なくなることがほぼ確実なのです。今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。

労働環境は、決して整っているとは言えず、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死に至った看護師もいました。
夜勤のない職場に移ったとしても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。
ほんの少し前までは一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、近頃では男性看護師の割合も増加しています。
実際の看護の場面においては、患者の移動、入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、男性看護師の活躍する場面は多々あります。
給料の点からみると女性と変わらないのですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。

通常業務のみでも大変忙しいのに加え、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、時間通りに帰れないということはよくあるのです。それでも、いかに多忙で、疲労困憊でも、笑顔で患者さんやご家族とは接しています。
少し前まで愚痴を言っていたような人が打って変わって笑顔になるのです。
看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。

あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。
看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。

そうはいっても、昨今では、少しずつ看護師の制服も変化してきており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。

ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたらちょっとさみしくも感じられますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。

育毛剤使っている方! 女性の方で育毛剤を使ってる方で 実際に効果があった育毛剤…
育毛剤使っている方! 女性の方で育毛剤を使ってる方で 実際に効果があった育毛剤はなんですか?(続きを読む)

薬用育毛剤「柑気楼(かんきろう)」≪公式サイト≫
薬用育毛剤 柑気楼は天然由来の保湿成分(青みかん・ゆず・だいだい)が頭皮を潤し、
生薬由来の有効成分(甘草・千振・高麗人参)が育毛・発毛を促進します。(続きを読む)